ホーム » 未分類 (ページ 2)

未分類」カテゴリーアーカイブ

もっとも単純な副収入法「せどり」

近年のネットやスマホの急速な発達によって、個人で何でもできる時代になってきました。その中でも特に誰もが関心のあるジャンルが「副収入」でしょう。
副収入の種類も多種多様にありますが、ここでは「せどり」について述べてみたいと思います。
というのも、多様な手段の中でも、これがもっとも単純な方法の一つだからです。
「せどり」という言葉自体は、ごく最近の造語に過ぎず、内容としては、安く品物を仕入れて利益を乗せて再販売する、いわゆる「転売」です。
システムとしては古典的な方法ですが、なぜこれが最近流行になっているのかといえば、メルカリやヤフオク、ジモティーなどの、個人間売買サイトの普及が、大きく影響しているといえます。そもそもは個人所有の「不要物」を「必要な人に安く譲る」というテーマのもとに開始されたサイト(アプリ)ですが、品目ジャンルの多様性と、アプリ操作の手軽さゆえに、一気に利用者が増大し、いまや一般店舗ビジネスを脅かす程の現象にまで発展しきています。
購入側にとっては、「店舗に行かずとも、レアな品物が破格で買える」、販売側にとっては「みんなが欲しがる物を掲載すれば必ず売れる」という需要・供給のバランスが成り立っており、場合によっては一般の販売店が仕入れ購入に使用しているケースもあるぐらいです。
煩雑な手間もなくネット上で販売展示してくれる代わりに、売れない時は単なる在庫品ということになり、損をすることに繋がります。なので販売側は、より売れそうな品物を安く仕入れることに知恵を絞る必要があります。
多様な品目があれど、なるべく人々が注目しやすいテーマ(ゲーム、コスメ、アニメ、デジタル家電など)、もしくは自分が詳しいテーマ(趣味など)に絞ることで、どのような物がどの程度人気なのか、いわゆるマーケティング分析ができ、仕入れ品の在庫化を、事前に防ぐことができます。
あとは価格の設定です。どのようにして仕入れたかが、ここで問われるところです。もし一般価格で仕入れてしまっていたら、それに利益を上乗せした時点で「相場より高額」になってしまい、よほどの人気商品でない限り、売れずに在庫化してしまいます。なので、街のリサイクルショップや友人からの買い付けなど、手間ではありますが、できるだけ独自のルートを見つけておくことも、売り上げ向上につながるコツです。
アプリ上でアップする上で、商品をより良く魅せるための「写真映え」もまた、購買意欲につながるので大切です。
まとめると、「人気ある分野」「マーケティング」「独自の仕入れルート」「写真映え」。
これらを押さえておくことで、効率よく「せどり」を成功させ、収入UPにつながるのではないかと思います。